それは仕様です。

それは仕様です。

「それは仕様です。」は雑記ブログです! 主にIT関連・考えたこと・勉強したことをここに残しています。 「Re:ゼロから言語の再勉強中。」

それは仕様です。

【自作PC】自作パソコンの組み立てに必要なパーツを紹介!

f:id:yantzn:20170513005707j:plain

はい!どうも、やん(@yan_tzn)です。

先日、友人のY君から出自不明のPCパーツを色々と貰いましたのでPCを1台組んでみようと思います。

マザーボードやグラフィックカードは現行品ではないそうですが、性能は良いものを集めてくれたそうで、

組みあがると現役でバリバリ動くとのことなのでちょっと期待してます。

(※パーツの詳細は記事を書きながら調べていきます。)


「全てのパーツが動作可能」とのY君のお墨付きを頂きましたので、パーツの状態や詳細は組み立ての際にざっくりと紹介していきます。

また、貰ったパーツのほとんどが中古ですが、一部新品で保管していたものや、開封だけの新古品も含んでいるみたいです。

ではでは今回は、貰ったパーツを紹介していきます!

パーツ紹介

マザーボード

【GIGABYTE GA-Z97N-Gaming5 (Rev.1.0)】

GIGABYTEが販売しているZ97チップセットのMini-ITXマザーボードになります。

拡張性に難ありですが、基本的な機能はしっかりと備えており、OverClock対応もしているので簡単な構成でも性能が発揮できます。

メモリはDDR3の2枚(最大16GB)で、他のサイズのマザーボードより低くなりますが、、、今回は気にしない方向でいきます。(後述しますが、PCケースがMini-ITXのみなので)

CPU

Intel Core i7 4790K

Intelが販売している「Core i シリーズ」のCPUになります。

4700番台で同世代・同系統のなかで一番性能の高いCPUです。こちらはOverClock対応のKモデルになります。

CPUソケットの形状はLGA1151で、前述のマザーボードにも対応しています。

メモリ

CORSAIR Vengeance DDR3-2133 8GBx2

CORSAIRが販売している「Vengeanceシリーズ」のOverClockメモリになります。

前述のマザーボードはDDR3のみの対応ですが(現行のメモリはDDR4)、このメモリのクロックは2133MHzで一般的(1333~1866MHz)なメモリより早く動作します。

グラフィックカード

【GIGABYTE GV-N970IXOC-4GD】

GIGABYTEが販売している「NVIDIA GTX900シリーズ」のグラフィックカードです。

GTX900シリーズの中で上位に位置するGTX970のOverClockモデルになります。(GTX980がトップ)

ちなみに、ショート基盤と呼ばれる全長を抑えたモデルになり、スペースの制約を受けにくくなります。

後述のPCケースのような小型のPCケースでは、全長の長いグラフィックカードは扱いが大変なので、今回の様な小型のグラフィックカードが良さそうです。

ストレージ

今回の貰い物ではSSDx2、HDDx3の合計5台のストレージを登載しようと思います。

【Samsung 850EVO 250GBx2】

Samsungが販売している「850シリーズ」のSSDになります。

ご存知かと思いますが、SSDはHDDよりも高速で読み書きができます。

今回は2台貰いましたので、RAID-0でさらに高速化して起動ドライブに使用しようと思います。

※2台でもともとRAID-0を組んでいたらしいので、使用頻度は同じです。


【TOSHIBA MQ02ABD100H 2.5HDD 1TBx2】

TOSHIBAが販売している2.5インチのHDDになります。

Y君の話では3.5インチを用意したかったそうですが、「在庫不足」とのこで2.5インチになってしまったそうです。

ちなみにノートパソコン向けなので、若干読み込み書き込み速度が遅くなるようです。

こちらも2台貰いましたのでRAID-0を組み速度改善を行い、アクセス頻度の高いデータの保存先にしようと思います。 (※上記は2台でもともとRAID-0でポーダブルドライブにしていた様で、使用頻度は同じです。)


【Seagate ST3000DM008 3TB】

Seagateが販売している「BarraCudaシリーズ」の3.5インチのHDDになります。

このパーツは新古品でいただきました。(Y君が使おうと開封したらしいのですが買いすぎで余ったみたいです。)

容量も3TBと十分なので、シングルでバックアップ用に使用しようと思います。

電源ユニット

【CORSAIR RM650】

CORSAIRが販売している「RMシリーズ」の電源になります。

フルモジュラータイプの電源で、コネクタが全て外れる設計です。

ちなみにCORSAIR LINKと呼ばれるオプションがあるようですが、今回は用意できませんでした。

特に問題無いので、普通の電源ユニットとして使用したいと思います。

CPUクーラー

【CORSAIR H80】

CORSAIR社が販売している簡易水冷CPUクーラーになります。

簡易水冷は、ラジエーターと呼ばれる放熱板と水冷ブロックと呼ばれるCPU部分を組み立てた状態で販売しているクーラーです。

サイズは120㎜径のラジエータであり、リザーバーが無いので許容できる熱量は低いですが、連続で高負荷をかけなければ問題無いと思います。

ちなみに空冷と水冷では大きな熱ほど水冷が効果を発揮すると聞いたことがあります。

※ラジエータのファンが付属していない状態で貰ったので、後述のファンを流用します。

PCケース

【CORSAIR 250D】

CORSAIR社が販売しているMini-ITX対応のPCケースになります。

全体は小さすぎず大きすぎないサイズ感で今回の構成ではちょうどいい感じになりそうです。

各所には防塵フィルターが標準装備されているので、メンテナンス性も良さそうですね。

またフロントに200㎜ファンが搭載可能で空冷環境を作る際は、エアフローの効率か良さそうです。

側面に280㎜x140㎜または前面に140㎜x140㎜までのラジエータが搭載できる設計ですが、今回は前述の通り120㎜x120㎜の水冷を登載します。

ファンコントローラ

【ALSEYE α-100L】

ALSEYEが販売している「ファンコントローラ」になります。

このコントローラは熱センサーで最大6基のファンを自動制御する事ができ、ファンの停止等を警告してくれるみたいです。(日本語の説明書を見つけられなかったので、つたない英語力ですが・・・)

フロントの操作はタッチ操作で、バックライトが点き視認性は非常に高いです。

その他

型番がわからなかったので、まとめて記載します。

  • SATA-III ケーブル x5

  • ケースファン 80㎜ x2

  • ケースファン 120㎜ x2

  • ケースファン 140㎜ x2

  • ファンガード 80㎜ x2

  • ファンガード 120㎜ x1

  • ファンガード 140㎜ x2

  • CPUグリス x1

上記のパーツと、大量のネジとWin10のライセンスをもらいました。

どのネジが何用か分からないけど・・・。(組み立てながら考えます。)

まとめ

今後、貰ったパーツ元に自作PC関連シリーズの記事を書いていきたいと思います。

これから「自作PCを始めよう」と思う自作PC初心者方向けになりますが、「もう数十台作った」という自作PC玄人の方も参考になれば幸いです。

次回から、PCハード大好きの友人のY君にアドバイスを貰いながら寄せ集めパーツで自作PCを作って行こうと思います。

私自身、我流で自作PCを作ってきた人なので、自作PC玄人の方々にはお見苦しい点も在るかもしれませんが、ご容赦ください。


本日は以上です。ありがとうございました!

Twitterフォロー・読者登録募集中です!